アクセス  住所:〒194-0002 東京都町田市南つくし野3-1-3 CKすずかけ台  電話/FAX:042-850-5633  E-mail:randt@r-and-t.org
定休日なし・営業時間 平日 11:00〜21:00/土日祝 10:00〜20:30

雪山登山の写真

防災時に役立つアウトドアグッズ

   

防災グッズとは?

災害時の避難生活や避難時に役立つ用品のことを防災グッズと言います。
災害にも色々ありますが、ここでは特に自然災害である地震、洪水、竜巻、火山噴火、豪雪等を想定してみましょう。
普段から、災害時を想定し防災グッズを手元に確保しておくことは、大変重要なことです。

 

何故、防災グッズに登山用品なのか?

登山家や冒険家は、豪雨、豪雪、雪崩、落石、強風等、常に自然災害のおこる可能性の高い、また、自然災害時と同等の環境の中に身を置いています。

そのような環境下を想定し開発されたアウトドアグッズは、日常生活の中で起こりうる自然災害時にも大変役立つのです。

実際に私も1995年1月17日の阪神・淡路大震災を現地で体験し、アウトドアグッズが大変役立ちました。耐久性、軽量化、使いやすさに優れたアウトドアグッズは、災害時に私たちの強い味方になることは間違いありません。

 

R&Tマウンテンプロショップが提案する防災グッズとは?

今や、登山用品は、登山家や冒険家にとどまらず、その洗礼されたデザインや機能性から、日常生活においても、タウンユースにおいても、多くの人々に愛用されています。

それでは、R&Tが提案する、スタイリッシュで機能性にとんだ、いざという時に役立つ防災グッズを写真で紹介いたします。

 

リュック

いざという時に、すぐに背中に背負って行動できるリュックに全ての防災グッズをまとめておきましょう。

リュックの大きさは、様々ですが、大人が背負うなら25リットルから40リットル(小学生用のランドセルが約10リットル)が背負いやすく、行動にも支障が出ません。

42リットル 30リットル 30リットル 25リットル 20リットル

予備リュックとしてお子様用、または避難所からのお出かけ用に、軽くてコンパクトに収納可能な予備リュックをメインリュックの中に入れておくと便利です。車のカギと比べてもこんなにコンパクトに収納できます。

22リットル 20リットル

 

 

 

 

 

 

 

 

大き目のザックであれば、ダッフルバックとしてもリュックとしても使用可能なものが便利です。

40/60/90リットル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーストエイド

災害時、怪我の応急処置は重要です。自分や家族のみならず、まわりの人の為にも役立つファーストエイドキットと医薬品を準備しておきましょう。

A:標準的なファーストエイドキットです。メーカーや種類により内容は様々です。

B:私が経験した阪神・淡路大震災では、交通機関が全て麻痺し、食糧調達や知人の安否確認の為、毎日のように数十キロ歩くことを強いられました。サポーターや靴擦れ用パット、アイシングスプレー等は大変役立ちます。

C:捻挫や骨折に簡易ギプスが役立ちます。

 

衣類

避難生活時において、衣類は大変重要なアイテムです。

私たちの日常生活において、季節による不快な暑さや寒さ、天候による雨や風は一時的なことにすぎません。どんなに長くても少しの間の我慢で、暖房、冷房、建物が快適な空間を与えてくれます。

しかし、建物が倒壊し電気やガスなどのライフラインがストップしてしまう災害時においては、自分の体温をコントロールしてくれる物は衣類のみです。そんな時、速乾性、透湿性、保温性、防水性、撥水性、防風性が考慮された衣類がとても役立ちます。

登山の世界では、何を着ているかによって生死が分かれることが多々ありますがライフラインが止まってしまう災害時も同じことが言えます。

 

1. アンダーウェアーと中間着

速乾性、透湿性、保温性は、体温を正常に保つために重要な要素です。

速乾性、透湿性の無いものを身に着けていると、汗のみならず、体から発する蒸気によって服が常に湿った状態になります。このことで、たとえ夏でも体を冷やす原因になるのです。

また、保温性に欠ける衣類を身に着けていることで、正常な体温を保てなくなってしまいます。暖房や冷房機器が無い場合、身に着けている衣類によって快適さは大きくことなります。

また、同じ物を着続けなくてはならない災害時は、汗臭くならず、常にサラッとした着心地が長期間維持できる登山用ウェアーは大活躍します。

 

2. ジャケット類

ジャケット類にも色々ありますが、内側からの体温を逃がさない保温性重視のフリースやダウン、外側からの雨や風による冷えを体に伝えない防水性、撥水性、防風性重視のアウタージャケットやレインウェアー等。機能性にとんだジャケットも災害時には大変役立ちます。

※衣類に関するメカニズムを詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。ファイントラック(finetrack)

 

食事

食事は生きるためのエネルギーですが、災害時には十分な食材が手に入らなくなることが常です。また、調理場の確保も簡単ではないでしょう。

私も阪神・淡路大震災では、食糧の調達に大変苦労しました。地震発生のおおよそ5時間後午後には、全てのコンビニエンスストアやスーパーから食材が消えてしまいました。また、他県からの物資も道路が崩壊しているために思うように私たちの手元には届きませんでした。

登山用品店では登山中の食糧として、様々なフリーズドライフードを購入できます。フリーズドライフードとは、あらかじめ調理された食品や食材をマイナス30℃で瞬間的に凍らせ、減圧し水分を取り除いた状態の食品です。長期間の保存が可能で、栄養素もあまり損なわれていません。

食べる時には、そのままでも食べられる物もありますが、たいていの場合、水を加えるか、それを熱してもとの状態に戻すという大変簡単な調理で時間をかけて作った料理を数分で味わうことができます。

 

生活用品

持っている道具により避難生活の快適さは大きく変わります。そして、生活の快適さによって行動力、活力、思考能力に大きな差がでます。災害時や避難生活において行動力、活力、思考能力は大変重要なことなので、日常とは全く違う環境下で、少しでも日常に近い生活を送れるよう必要なものを準備しておきましょう。

1. 調理と食事

スプーン・フォーク
ガスバーナー ポケットストーブ マッチ コッヘル ポケットナイフ

A:ガス缶とゴトクは取り外し可能で、ゴトクは折りたたむと手のひらサイズになります。

B:バーナーほど火力は有りませんがガス缶が無い分コンパクト。燃料は固形燃料。

C:水にぬれても火が付き、通常のマッチよりも火力があります。

D:鍋やフライパンにもなり、食器としても使えます。

E:スプーンとフォークが一体となっています。

F:ナイフは食事以外にも何かと役に立ちます。

G:強化ビニールでできているので、使用時以外はコンパクトに折りたためます。お湯や熱湯も入れることができ、寒いときには湯たんぽとしても使えます。

H:二層構造になっているので、一日中保温が可能です。
水筒 水筒(保温)

 

2. 生活

A:テントは、わずかなスペースがあれば、雨風を防ぎ、快適な空間を作れます。家の中や避難所等の屋内に張ってプライベートな空間を作ることもできます。

B:寝袋には化繊とダウンがありますが、軽量、コンパクト収納、保温性を考えてダウンをお勧めします。

C:寝袋の下に敷くマットです。

D:レスキューシートです。アルミ蒸着加工を施した特殊フィルム+ポリエステルシートで保温性、透湿性に優れています。たたむと手のひらサイズになるのでかさばりません。

E:ツェルトは、撥水加工が施された1枚の大きな万能シートと考えてください。紐や棒等を利用しテントや屋根を造ったり、ポンチョなどとして利用もできます。

 

その他便利グッズ

A:軽量で小さく折りたためるポータブルチェアー。

B:野外生活では役立ちます。

C:お風呂に入れない時の水入らずのシャンプー、洗顔シート、紫外線に強い基礎化粧品等です。水が不足している時の強い味方です。

D:吸水性が高く、速乾性の高いタオルです。

E:ナノ繊維の力で、水に濡らして拭くだけで気になるニオイやベタつきを元から除去できます。また、クーリング性能に優れ、水で濡らして首に巻けば、炎天下でもひんやりしたクール感が得られます。

F:電力がストップしている災害時は、日没後は想像以上に暗くなります。電池の消耗が速い懐中電灯よりもランタンがあると便利です。

G:行動時は遠くまで照らせるヘッドランプが便利です。

H:マルチプライヤーがあると色々なことに役立ちます。なるべく多くの機能を有するものを準備しておきましょう。

IJ:まわりの音や環境に左右されず、深い睡眠がとれます。

K:ポータブル浄水器です。

L:笛は電話や声が届かない場所では意外と活躍してくれます。

M:ロープや耐久性のある紐は、色々なことに役立ちます。

N:氷や滑りやすい場所で役立つスパイクです。

O:雪に強いチェーンアイゼンです。ゴム製のバンドでどんな靴にも装着できます。

P:軽量で耐久性のあるスノースコップです。

Q:革製の作業グローブです。軍手などと比べると安心感が違います。

ここで紹介いたしました防災グッズ以外にも、メーカーや種類によって様々なものがございます。
是非一度ご来店いただき、実際に手に取って、その万能性やコンパクト性をお確かめ下さい。
また、スタッフに声をかけていただければ、各商品の特徴をわかりやすく説明させていただきます。

Supported by 好日山荘 好日山荘

アウトドアクラブのYFクラブ アウトドアクラブのYFクラブ

クライミングジムNOSE クライミングジムNOSE

Facebook 
R&T MOUNTAIN PROSHOP

 

サイト内検索 Powered by Google