アクセス  住所:〒194-0002 東京都町田市南つくし野3-1-3 CKすずかけ台  電話/FAX:042-850-5633  E-mail:randt@r-and-t.org
定休日なし・営業時間 平日 11:00〜21:00/土日祝 10:00〜20:30

クライミングの写真

R&Tスタッフが行ってきました

城山 (2017年5月2日)

   
城山 (2017年5月2日) 静岡県大仁町にある城山へ行ってきました。
今回は南壁の
マルチピッチ「エキスカーション」
を登ってきました。
   
城山 (2017年5月2日) 出発前、
トポ(岩場の地図・写真は「日本の100岩場B伊豆・甲信」)
を見てルートを確認。
Hエキスカーション(6P)★★★
5.10a、5.10a、5.10c、5.10a、5.10a、5.9
   
城山 (2017年5月2日) 城山 (2017年5月2日)
   
城山 (2017年5月2日) マルチの途中にて。
登るのも大変ですが、
ロープワークも同じくらい大変です。
気持ちは高所作業員のようです。
   
上部からの景色。
日差しが強く暑かったですが、
上部は風が吹いていて心地よかったです。
最終ピッチ(6ピッチ目)は岩がもろいため、
5ピッチまで登り下降。
城山 (2017年5月2日)
   
城山 (2017年5月2日) 今回登ったルートを見上げます。
全体的にスラブでハラハラしましたが
楽しかったです(^^)/

別パーティーが
「中央ダイレクト」や「バトルランナー」
を登っていました。

南壁はマルチが盛んです。
落石に注意して楽しみましょう!!

湯河原幕岩 (2016年11月2日)

   
湯河原幕岩 (2016年11月2日) 湯河原幕岩の正面壁に行ってきました。
一日曇りで寒かったです。
   
湯河原幕岩 (2016年11月2日) 湯河原幕岩 (2016年11月2日)
コナン 5.9+ NPのルートからアップ。
正面壁にはカムが必要なルートがいくつかあります。
   
湯河原幕岩 (2016年11月2日) 湯河原幕岩 (2016年11月2日)
あもんブライダル 5.10b ★ ライン読みに一苦労。
   
湯河原幕岩 (2016年11月2日) ルートの途中に大きなハチの巣が。
もうハチは飛んでいなそうでした。
   
湯河原幕岩 (2016年11月2日) 湯河原幕岩 (2016年11月2日)
ラナ 5.10b こちらもカムが必要なルート。シンハンドを上手くきめて登ります。
   
湯河原幕岩 (2016年11月2日) ジムシ― 5.10c ★
   
山も紅葉が始まりつつあるようです。
湯河原幕岩はこれからシーズン本番です。
湯河原幕岩 (2016年11月2日)

甲府幕岩 (2016年6月2日)

   
快晴でしたが、ひんやりとする甲府幕岩に行ってきました。
観音峠通行止めの影響なのか貸し切りでした。
(増富ラジウムライン方面からは行けます。)
   
甲府幕岩 (2016年6月2日) 甲府幕岩 (2016年6月2日)
イエローマウンテン 5.9 ★★★
最初はここでアップ。
   
甲府幕岩 (2016年6月2日) HIVE 5.10a ★★
40mロープでは足らないルートです。
長いルートなので、登りごたえ十分。
   
甲府幕岩 (2016年6月2日) ピリカ 5.10b/c ★★
このグレードにしては下部がかなり悪いです。
上部は快適。
   
甲府幕岩 (2016年6月2日) ワイルドトットちゃん 5.10b/c
バランスとルートファインディング。
   
甲府幕岩 (2016年6月2日) 甲府幕岩 (2016年6月2日)
ダーティークライマーズ 5.11b ★
核心部のある一手をどうとるか、その次のクリップ、パワー温存でラストいけるか…
課題山積で次回に持ち越しになりました。
   
甲府幕岩 (2016年6月2日) 甲府幕岩 (2016年6月2日)
甲府の軟派師 5.12a/b ★
下部は「なべちゃん 5.8」。核心はその先の上部。
上部で何度もフォールしますが、3トライ目でRP。
   
甲府幕岩 (2016年6月2日) セミの抜け殻。もうそんな季節ですねぇ〜
陽も長くなり、18:30ごろまで登っていました。

城山〜マルチピッチ〜 (2016年5月6日)

   
城山の南壁にあるバトルランナー。
こちらは3〜5ピッチで登ることができます。
今回は3ピッチで登ってきました。
   
城山〜マルチピッチ〜 (2016年5月6日) 城山〜マルチピッチ〜 (2016年5月6日)
2ピッチ目支点にてトップのビレイ中。ここまで上がるとなかなかの高度感です。
   
城山〜マルチピッチ〜 (2016年5月6日) 城山〜マルチピッチ〜 (2016年5月6日)
3ピッチ目をリード中。
グレードは難しくないですが、ランナウト(ボルトとボルトの間隔が遠い)しているため、慎重に登ります。
   
城山〜マルチピッチ〜 (2016年5月6日) 眺めはサイコー。
眼下に大仁町の街並みと狩野川見えます。
   
城山〜マルチピッチ〜 (2016年5月6日) 最終ピッチの終了点にて。
帰りはここから懸垂下降で下へ。
   
今回の反省点は途中ラインを間違え怪しいボルトにクリップしたこと。
支点のボルトにチェーンがないのに1つのボルトに荷重してしまったこと。
ATCを落としてしまったこと。←こういう場合の対策は勉強しておくことが大切です!

丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日)

   
西丹沢自然教室〜檜洞丸〜臼ケ岳〜蛭ケ岳〜丹沢山〜塔ケ岳〜大倉の主稜/主脈(約32km)
日帰りで歩いてきました。
JR御殿場線の谷峨駅からタクシー利用で西丹沢自然教室へ。
   
丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日) ウエルキャンプ場から入山、
東沢右岸からツツジ新道へ取り付きます。
登山道は崩壊が著しく
探しながら歩くことも。
しかし予想外のミツマタの群生が
出迎えてくれました。
   
丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日) ゴーラ沢を渡渉します。
   
丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日) 丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日)
標高1,000mを越えた辺りからガスが掛かり始め、時折小雨も降り始める。
白くベールの掛かった幻想的な中をひたすら歩きます。
   
丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日) 本日の最高峰、蛭ケ岳(1672.7m)に到着!
   
丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日) 丹沢〈主脈/主稜〉日帰り縦走 (2016年4月2日)
丹沢山が近づくにつれ、単調な歩きと全く眺望が得られない真白な世界に段々と足取りも重くなります。
   
花立山荘を越えた頃にはすっかり日没となりヘッドライトを使用。
今回の歩行時間は休憩を含めて約13時間でした。

城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日)

   
天気が良すぎてとっても暑い中、シーサイドへ行ってきました。
初めは大磯ロックでアップ。
   
城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日) 名探偵登場 5.8
   
ハジノライン 5.10a ☆ 城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日)
   
城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日) けものへん 5.11c/d
ボルダームーブです。
   
雪だるまも応援してくれています!? 城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日)
   
サンセット・エリアへ移動。
城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日) ティンカーベル下部。
   
城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日) 海賊フック 5.10b ☆
最初はパワーを使い、途中はバランス。
一番難しいのは上部かなぁ〜
   
城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日) カルボナーラ 5.11b ☆
体幹とパワーが必要なルート。
   
城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日) チリコンカーン 5.12b ☆☆
   
穏やかな海と汗がでるほどの暑さの中、
一生懸命登ってきました。
そろそろ城ケ崎のシーズンも終わりですね…
城ヶ崎 〜シーサイド〜 (2016年3月17日)

西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水))

   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 「PEAKS 3月号」に掲載ルート。
西丹沢・権現山とミツバ岳に挑戦。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水))
車を丹沢湖畔の駐車場にデポして、浅瀬入り口から取り付く。
途中には何ヶ所も注意喚起の立看板あり。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水))
権現南東尾根は自然林の美尾根。
ブナやナラ・クヌギ等が葉を落としている今の季節、眺望が効く。
丹沢湖が鏡のように輝き美しい。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水))
標高700mあたりからミツマタが現れてくる。ヤマツバキも彩を添えている。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水))
標高900mを過ぎるとまばらな積雪10cm。くらいブナが目立ってきた。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 権現山の頂上は1018.8m。
三角点と標高・方向等を確認する。
これまでは総じて登りなので、読図に問題は全くない。
少し西へ下がるとベンチが2個。
早めの昼食を摂り、ミツバ岳へと下る。
しっかり、現在位置を確認して周りの景色を見落とさないように注意。
この先、ところどころに赤ペンキのマーキングも見られるが、基本は自分の読図を信じる。
ここでも尾根の方向、標高差等により現在地を把握して進む。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) ミツバ岳(834.5m)に到着。
今の季節、ミツマタが満開。
晴れた日はこの後ろにバッチリと富士山が鎮座する最高のロケーション。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) 下山口を探す。
南に大きな尾根を見つけて取り付く。
その後は常にコンパスと地形図、高度計で方向を確認。
急傾斜の植林を方向確認しながら下った。
幅広尾根で踏み跡も作業経路もイマイチ。
でもワクワクの下山路。
   
西丹沢/権現岳〜ミツバ岳《読図山行》(2016年3月16日(水)) そして予定通りに滝壷橋に降りてきた。
5時間くらいの周回コース。
今回の権現山からの読図山行は出会う人もなく、
静かな自然と眺望を楽しめた。
安心・安全の一般道とは違う別の楽しみがあった。

上越/平標山 (2016年3月12日(土)〜13日(日)

   
上越・湯沢町の平標山(1983.7m)に登ってきました。
   
2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山 2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山
駐車場から林道をしばらく歩くと立派な登山口の看板。この辺りは積雪30cmくらい。
   
2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山 ウサギの足跡が可愛い
   
2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山 2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山
途中の樹林帯にテント泊。
晩ごはんのメニューはペンネ(^^♪)トマト・ベーコン・チーズが絶妙なバランス。
フライパンはMSR。「取り扱い、とても楽チン!」
   
翌日は仙ノ倉岳を目指す予定でしたが、強風に足元を奪われて早々に下山。
2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山 2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山
   
2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山 2016年3月12日(土)〜13日(日)上越/平標山
今年はこの山域も積雪は少な目でした。
しかし、夜中に降り続いた新雪のおかげでトレースが全く無いところを
気持ちよく歩くことが出来ました。

東吾野/平戸の岩場 (2016年3月5日)

   
西武池袋線東吾野駅そばの「平戸の岩場」に行ってきました。
初心者向きの講習会・ロープワーク等に適したチャートの登りやすい、小さな岩場です。
   
東吾野/平戸の岩場 (2016年3月5日) 東吾野/平戸の岩場 (2016年3月5日)
   
東吾野/平戸の岩場 (2016年3月5日) 東吾野/平戸の岩場 (2016年3月5日)
登攀はトップロープのみ。リードクライミングは出来ないので物足りない方も出るかな...
登山靴やアイゼントレ、ドライツーリングも可なので状況に応じて訪問しても良いかも。

城山 〜ワイルドボアゴージ〜 (2016年3月3日)

   
城山のワイルドボアゴージに行ってきました。
小春日和でしたが、この岩場は日影が多く寒かったです。
アプローチは30〜40分と長めです。
   
城山 〜ワイルドボアゴージ〜 (2016年3月3日) 城山 〜ワイルドボアゴージ〜 (2016年3月3日)
アップはクロスロード 5.10a
   
城山 〜ワイルドボアゴージ〜 (2016年3月3日) 城山 〜ワイルドボアゴージ〜 (2016年3月3日)
ロングディスタンス 5.10d ★
名前の通りとても長いルートです。
60mロープでは足らないため、途中で切って降りてきました。
   
城山 〜ワイルドボアゴージ〜 (2016年3月3日) フットバイス 5.11d ★★
ボルトが3本と短いルートですが、
動きがダイナミックでかっこいいです。
   
帰り道、
遠くの山々が日暮れの中、
幻想的に見えました。
城山 〜ワイルドボアゴージ〜 (2016年3月3日)

谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日)

   
谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日) 厳冬期の
西黒尾根〜谷川岳〜天神平
を歩いてきました。
   
谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日) 谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日)
今年は谷川も暖冬の影響で雪は少な目。ワカンもラッセルも必要なし。
   
谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日) 谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日)
ピーカンに恵まれ素晴らしい眺望に励まされて高度を上げる。
対岸の東尾根から「ドドドド・・・」と轟音とともに雪庇が雪崩となって滑り落ちて行った。
   
谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日) 谷川岳 西尾尾根 (2016年2月28日)
トマの耳からは肩の小屋越しに積雪の万太郎〜仙ノ倉の稜線が美しい。

湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日)

   
寒波と寒波の合間の暖かい日に行ってきました!
今回は主に桃源郷で楽しんできました。
   
湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日) 湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日)
いんちきするな 5.8 ☆ 蟻さんルート 5.8
   
湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日) 両ルートリード初心者向き。
ですが、
蟻さんルートは特に慎重さが必要と感じました。
   
湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日) 湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日)
アブラカタブラ 5.10a ☆
ラインどりをしっかりと。
フック船長 5.10a
スラブですね…
   
湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日) アボリジニ 5.10a
いかに足をあげるか。
   
湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日) 湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日)
ゼルダ 5.11a ☆☆
核心は下部。
ダイヤモンドヒップ 5.11a ☆☆
陽が1日あたっていたため、岩がぬめりました。
   
湯河原幕岩 〜茅ヶ崎ロック〜 (2016年1月28日) 希望峰
コンケスタドール 5.12a ☆☆
カチカチルートです。

城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日)

   
この日は岩のぬめりもあり、途中小雨が降るようなコンディションでしたが
なんとか登ってきました。
   
城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日) アップはティンカーベルの下部。
   
城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日) 城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日)
トムボーイ 5.10c☆☆ NP&B
途中カムを使うルートです。
   
城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日) 風に吹かれて 5.11a ☆☆☆
かぶりに慣れたい方は是非お試しください!
   
城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日) 城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日)
ピスタチオ 5.12a ☆☆
ぬめっている日は厳しいようです。
   
城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日) 城ケ崎 〜シーサイド〜 (2015年12月14日)
カルボナーラ 5.11b ☆
私はカチがぬめって持てませんでした。
でも強い人はぬめっていても持てるみたいです。
もっと修行しなくては…

今回も宿題を残して帰ってきました。

by 藤本

谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日)

   
雪の谷川岳に行ってきました。上越線の土合駅でシュラフにくるまって前泊です。

夜は強風と大雨でしたが、朝はミゾレ。ベースプラザの駐車場に着くころには雪になっていました。
西黒尾根の登山口から少し登ったあたりから少し積っていました。だんだん深くサラサラに。

ラクダの背の前でアイゼンを付けました。
岩場は鎖が出ていましたが、凍った上にウッスラ雪がかぶっていてイ〜ヤな感じ。
   
谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日) 谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日)
   
何度も凍った岩場を乗り越えて、細いリッジを通り抜け・・・
陽がうっすらと差しそうなのに、急に冷たい風に吹かれたり(>_<)
   
谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日) 谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日)
   
谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日) 急登にヘロヘロでしたが、
ここで足を止めたら死んでしまう(かも?)
と挫けそうになる心に言い聞かせ、
メンバーに励まされ・・・
   
谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日) 頑張りました!!
やっと谷川岳山頂の一つ、
トマの耳に到着!!
   
下りは快適な天神尾根を降りました。
下るにつれて霧が少しずつ晴れてきて、樹氷がきれいです。
   
谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日) 谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日)
   
谷川岳・西黒尾根(2015年12月6日) 天神平のロープウェイ駅で振り返ると、
それまで霧に覆われていた谷川岳が
キレイな姿を見せてくれました。
トマノ耳・オキノ耳と、
右手に伸びる西黒尾根があんなにくっきりと!
   
感激と、励まし続けてくれた仲間への感謝の気持ちで胸がいっぱいでした。

by 久津間

瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日)

   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) 瑞牆はもう肌寒い気候でした。
日差しがあると暖かいですが、
この日はほとんど曇っていたので
今年初のダウンを着ました。


納涼岩
トラバント 5.9 ☆☆☆
最初はここでアップ。スラブのルートです。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) 納涼岩から沢沿いに進んで行くと、
コロッセオへ。
ケルンがたくさん積まれていて
わかりやすかったです
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) 取り付きにまではFIXロープを使って登ります。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) 5.10a トレビの泉 ☆☆
右にトラバースしていきます。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) 回収はフォローしてもらうのがいいですよ。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) 5.10d 真実の口 ☆☆☆☆
25mと長いルートです。

私が感じたのは難しいところが2か所、
少しクリップしにくいところが1か所ありました。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) 5.12c ナイト・ディジィ・ダンス(NDD)☆☆☆☆
コロッセオの看板ルートの一つ。

下部は簡単だけど、上部が難しいみたいです。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・コロッセオ〜(2015年9月14日) マンモスも登る!?

今回は岩が湿っぽかったので、
カラッとした天気の日にまた行きたいです(^^)/



by 藤本、橘田

瑞牆山 〜カサメリ沢・モツランド〜(2015年8月27日)

   
瑞牆山 〜カサメリ沢・モツランド〜(2015年8月27日) 前日に雨が降っていた模様で
どこの岩場も濡れていましたが…

ここモツランドはやはり乾いていました。
雨が降ってもかぶっているため濡れません。
(台風とかはさすがにムリだと思いますが^^;)
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・モツランド〜(2015年8月27日) ポパイ 5.11d 30m ☆
ロープの流れに注意です。
流れが悪いと上部でロープとの
戦いになるそうですよ。

プラチナム 5.11c 15m ☆☆☆
ポパイの下部。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・モツランド〜(2015年8月27日) ルートが長くかぶっているため
ビレイ中は首が痛いです。
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・モツランド〜(2015年8月27日) たらこ 5.11d 15m ☆☆
短いが…とても悪いそうです。
みなさん心してトライしてください(^^)
   
瑞牆山 〜カサメリ沢・モツランド〜(2015年8月27日) レーザーズエッジ 5.10d 15m ☆☆☆
モツランドのど真ん中にあるルート。
なかなか楽しいルートです♪


by 藤本

瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日)

   
今年発売された瑞牆クライミングガイドを片手に「行ったことがないエリアに行こう!」ということで行ってきました。

1日目
不動沢最下流の岩場 熊岩
アプローチは10分ほど。
ゲートが閉まっていたためゲートから徒歩。それでも15分ほど。
このエリアは傾斜があり足場が悪く、虫がたくさんいました。
瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日) 瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日)
5.7 ルート名不明
プロテクションがとりずらく、ラインを間違えると大変なことに。
5.7でもあなどれません。
終了点がないため懸垂下降。
5.8 ルート名不明
岩の表面がポロポロしていてリードは怖く感じるかも。
   
5.8 ルート名不明
岩の表面がポロポロしていてリードは怖く感じるかも。
瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日) 瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日)
5.10c ルート名不明
途中指が切れるかと思うぐらい痛いフィンガージャム。上手く入れれば痛くないのかも。修業が必要です(^^;)
   
瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日) 5.10b ルート名不明
ワイド。
上部のオフウィズが難しい…らしい。
   
瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日) 5.10b ルート名不明
こちらもワイド。
プロテクション核心みたいです。


この他5.10aのクラックもあり。
こちらは登りやすかったです。
リードでワンテンでしたが(笑)
   
2日目
クラック地獄エリア
アプローチは40分くらい。
瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日) 瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日)
   
瑞牆山 〜熊岩&地獄エリア〜 (2015年8月5日〜6日) 5.10d N字ハング(写真左のクラック)
とても疲れます。核心はハング部分。

5.9 オリジナル 1P目(写真右のクラック)
チムニーで登る。
プロテクションを取るのが少し難しかったです。
怪しいセットもありました。反省です(+_+)

2日目は途中夕立がありこの2本で終了。
ここは雨でも避難できる場所がありましたよ。

2日間ともクラック&ワイド祭り。
おかげでいろいろなところが
傷だらけのアザだらけになりました(^^♪

by 藤本

瑞牆 〜カサメリ沢〜 (2015年6月29日)

   
瑞牆 〜カサメリ沢〜 (2015年6月29日) 沢沿いにある岩場です。
マイナスイオンたっぷり。
日差しは暑かったけど、日陰は肌寒かったです。
   
瑞牆 〜カサメリ沢〜 (2015年6月29日) コセロック
ネコの手 5.10aでアップ。
この右隣のルートにあるネコの足は10cでしたが
ホールドが欠けて11bになったそうです。
   
瑞牆 〜カサメリ沢〜 (2015年6月29日) 瑞牆 〜カサメリ沢〜 (2015年6月29日)
マスター・オブ・ザ・ゲーム 5.12b
途中から左へトラバース。
   
瑞牆 〜カサメリ沢〜 (2015年6月29日) 沢沿いにはところどころにケルンがつまれてました。
いやされます(*^_^*)
   
瑞牆 〜カサメリ沢〜 (2015年6月29日) 姉御岩
ぞうりむし 5.11a
下部のOW(オフウィズス)で肩とくるぶしが
とっても痛いことになりました(^_^;)
ですが、核心は上部です。

RPできなかったけど、とても楽しかったです。
ムーヴを忘れないうちにまた行かないと!!

甲府幕岩(2015年6月24日)

   
R&Tスタッフ藤本、橘田とNOSEスタッフ清水で山梨県北杜市須玉町にある甲府幕岩に行ってきました。
甲府幕岩(2015年6月24日) 自分がリードしないときは陽気です(笑)
   
甲府幕岩(2015年6月24日) バルタン5.9 NP
甲府幕には数少ないクラックルートです。
   
甲府幕岩(2015年6月24日) 甲府幕岩(2015年6月24日)
人生2回目のクラックに挑戦。
がんばってトップアウトできました!
   
甲府幕岩(2015年6月24日) なんか怒られてる??
履くのが遅いのかしら??
でも気にしない(笑)(‘ω’)ノ
   
甲府幕岩(2015年6月24日) クラックは楽しいです(*^▽^*)
私もカムを持ってくればよかったな。
   
甲府幕岩(2015年6月24日) ブルーマウンテン5.10a/b NP
   
甲府幕岩(2015年6月24日) リードのビレイは特に気をつけて慎重に。
   
甲府幕岩(2015年6月24日) 人生3度目のクラック。
フットジャム覚えました!!
   
甲府幕岩(2015年6月24日) クリ拾い5.10c
こちらはフェイスです。

この後ゲリラ豪雨到来!!
清水 レインウエア上だけ着る→ズボンのみ濡れる
橘田 レインウエア持ってない→全身ずぶ濡れ
藤本 レインウエア持ってるのに着ない→全身ずぶ濡れ→レインウエアに着替えて帰る

レインウエアって大切だな…としみじみと感じました(笑)

by 藤本

安達太良山(2015年5月14〜15日)

   
福島県の名峰・安達太良山に行って来ました。
安達太良山(2015年5月14〜15日) 安達太良山(2015年5月14〜15日)
いつまでも歩いていたくなるようなマイナスイオンたっぷりの渓谷。
   
安達太良山(2015年5月14〜15日) 山小屋の温泉でサッパリした後は夕食作り
(メインはアヒージョとミネストローネ)。
鍋やフライパンを担いで来た甲斐がありました。
自炊って楽しい!
   
安達太良山(2015年5月14〜15日) 荒涼とした沼ノ平の噴火口。
まるで月のクレーターの様でした。
   
安達太良山(2015年5月14〜15日) 思わず吹き上げる風に両手を広げて
立ち向かってみました。
   
安達太良山(2015年5月14〜15日) 安達太良山(2015年5月14〜15日)
5月の安達太良山は、雪解けの渓谷や残雪の清涼感に癒される素敵な山でした。

by鈴木
   

大菩薩嶺(2015年5月10日)

   
大菩薩嶺(2015年5月10日) 3ヵ月ぶりの大菩薩は、すっかり春♪
多くの登山者で賑わっていました。
残雪をまとった富士山と南アルプス、
新緑に覆われた雲取山や三頭山を観ながらの尾根歩きは最高!!
   
大菩薩嶺(2015年5月10日) いつみても絵になる景色!
気持ちの良い稜線が続きます。
   
大菩薩嶺(2015年5月10日) 思わず昼寝したくなるような陽気の中、
ゆっくりお茶を沸かして休憩。
手作りオニギリ美味しそう〜。
   
大菩薩嶺(2015年5月10日) ずーっと休んでいたくなるようなヒトトキでしたが、
重い腰を上げ下山開始。
   
大菩薩嶺(2015年5月10日) 大菩薩嶺(2015年5月10日)
どの季節に来ても期待を裏切らない大菩薩は、やっぱり楽しかった。

by鈴木
   

鳳来(2015年5月7日〜8日)

   
鳳来(2015年5月7日〜8日) 愛知県の有名な岩場“鳳来”へ行ってきました!
水がとってもキレイです。
何かいいことありそうな予感♪
   
鳳来(2015年5月7日〜8日) 1日目はガンコ岩(アプローチ約30分)。
こちらは タップダンサー5.10d。
私はこれより ユカ5.11a の方が登りやすかったです。
   
鳳来(2015年5月7日〜8日) 2日目は鬼石(アプローチ約1時間だけど登りやすい)。
岩が大きい!!
ルートが長い!!
大変そうだ( ゚Д゚)
   
鳳来(2015年5月7日〜8日) アーリーモーニングライト・ウォール
あんこ5.10b
   
鳳来(2015年5月7日〜8日) 鬼岩入門5.11a
だったと思います(^^;)
   
鳳来(2015年5月7日〜8日) 卒業5.12b
二人がトライ。
卒業できませんでした。残念!
私は入学すらできてません(笑)

鳳来は…
アプローチが長く、
岩がごつごつしてて手が痛く、
パンプして疲れるけど、
とっても楽しいところでした(*^▽^*)


by 藤本
   

残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3日〜5日)

   
残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日) 今シーズン最後の雪山は、
南アルプスの女王・仙丈ヶ岳。
   
残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日) 残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日)
今年は雪解けが早かったので、露出した岩の稜線や腐った雪の下りで、予想以上の時間と体力を消耗しました。
   
残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日) 残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日)
ちなみに雪が締まっていた2年前の同日(5月4日)は、岩の露出も少なく快適な雪山日和。
   
残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日) ハイマツの傍を通る度に
「グワ〜グワーッ」と聞こえる鳴き声の正体は・・・
天気が悪いと現れる天然記念物の雷鳥(オス)発見!
   
残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日) 雨風とガスで視界不明瞭の中 登頂!
達成感に満たされた気持ちを体で表現中。
   
残雪の仙丈ヶ岳(2015年5月3〜5日) 軽量でジューシーなドライフルーツ(パイナップル)や
疲労回復アミノ酸飲料は、
今回の山でも頼りになりました。

これからは春山に突入だ〜!
   

残雪の唐松岳(2015年4月29日〜30日)

   
残雪の唐松岳(2015年4月29日〜30日) 4月29日と30日で、
後立山の唐松岳に行って来ました。
天候に恵まれすぎて、
とても暑かったです。
   
残雪の唐松岳(2015年4月29日〜30日) 暑さとグズグズの雪でヨロヨロ(>_<)
仲間に励まされてやっとたどり着けた山頂です。
360度の素晴らしいパノラマに
大感激〜!
剱岳をバックにパチリ!
   
残雪の唐松岳(2015年4月29日〜30日) テントの傍で雪割りウィスキー&
雪割り焼酎を舐めては眺める
白馬三山。
なんという贅沢なひとときでしょう。
う〜ん、幸せだー!
   
残雪の唐松岳(2015年4月29日〜30日) 朝日に染まる不帰ノ嶮、感激です。

愛用の(というほど使ってませんが)
GRIVELのピッケルです。
今回はあまり出番がなかったけど、
一緒に頑張ってくれました。
   

マスキ嵐沢で沢登り(2015年4月26日)

   
マスキ嵐沢で沢登り(2015年4月26日) 西丹沢に沢登りに行って来ました。
マスキ嵐沢という
初心者向きの沢です。
   
マスキ嵐沢で沢登り(2015年4月26日) 沢の水はちょっと冷たかったけど、
気持ちよかったです〜。
   
マスキ嵐沢で沢登り(2015年4月26日) マスキ嵐沢で沢登り(2015年4月26日)
新緑とツツジがきれいでした〜。マイナスイオンにたっぷり癒されて帰って来ました。
   

二子山(2015年4月27日)

   
2015年4月27日 二子山 二子山行ってきました。
ものすごくかぶってます!!
どれもこれも難しそうです(´・ω・`)
   
2015年4月27日 二子山 この日は夏日。
クライミングで久しぶりに汗かきましたぁ〜
上裸の男性もいましたよ♡
   
2015年4月27日 二子山 弓状エリア
ペトリューシュカ 5.12b
持久力が必要とのこと
   
2015年4月27日 二子山 右壁
徒然草 5.10c
核心部のたった1つのホールドが
どーしても持てなかった(涙)
   
2015年4月27日 二子山 弓状エリア
ミラージュ 5.11b
各駅停車のように登ってきました(笑)
二子山は他の岩場よりグレーディングが辛い!
   

丹沢・鍋割山(2015年2月15日)

   
丹沢・鍋割山(2015年2月15日) 2月15日に丹沢・鍋割山に行って来ました。
二俣近くまでタクシーで行き、
後沢乗越を通って鍋割山へのコースです。
天気に恵まれて眺めは最高!
富士山もキレイです。
   
丹沢・鍋割山(2015年2月15日) 名物、鍋割山荘の鍋焼きうどんです。
1人前ずつ土鍋で作ってくれます。
こんなに具だくさん!
かぼちゃの天ぷらも載っかってました。
相模湾を見下ろしながらたべるアツアツうどんの美味しいこと!
う〜ん幸せ〜!

帰りは金冷シを通って大倉尾根を下りました。
鍋焼きパワーで長い下りも頑張れましたヨ。

後沢乗越しから鍋割山までは雪はありませんでしたが、
鍋割山から金冷シまでは雪がありました。
凍っている所もあってこの時期は軽アイゼン必携です。
   
丹沢・鍋割山(2015年2月15日) 最近お気に入りの黒糖です。
山頂でこれをかじながら飲む珈琲
最高です(^-^)
   

城ケ崎(2015年2月12日)

   
2015年2月12日 城ケ崎・シーサイド 城ケ崎シーサイドへ行ってきました。
この日は暖かくTシャツでも大丈夫でしたぁ〜
   
2015年2月12日 城ケ崎・シーサイド オブザべ中。
ニット帽暑いけど一度かぶったらとれません!
栗なので(笑)
   
2015年2月12日 城ケ崎・シーサイド 風に吹かれて 11a
がんばりましたぁ〜
   
2015年2月12日 城ケ崎・シーサイド 2015年2月12日 城ケ崎・シーサイド
かぶっているので回収が大変でしたぁ〜 私と一緒にがんばってくれた
ミウラーウーマンとスイスロープ
ありがとう(*^▽^*)
   

日光戦場ヶ原と雲竜渓谷(2015年1月24日〜25日)

   
2015年1月24〜25日 日光戦場ヶ原と雲竜渓谷 スノーシューで一日目は戦場ヶ原をトレッキングです。
天気も良く、雪も少なめですが、深雪もあるのでスノーシューを装着。
   
2015年1月24〜25日 日光戦場ヶ原と雲竜渓谷 天気は雲ひとつない快晴。
戦場ヶ原に積もる雪も輝き、男体山もはっきりと見えます。
   
2015年1月24〜25日 日光戦場ヶ原と雲竜渓谷 お昼は戦場ヶ原の真ん中でバーナーでカップ麺をいただきます。
ガスが冷えないように一工夫。
ちなみに夜はホテルで飲み会でした。
   
2015年1月24〜25日 日光戦場ヶ原と雲竜渓谷 二日目は雲竜渓谷へ。
12本爪アイゼン、ピッケル、ヘルメット、ゲーターを装備。
凍結、雪の積もった川上の岩、傾斜のある山道、頭上から落ちる巨大な氷柱があるので必須です。
   
2015年1月24〜25日 日光戦場ヶ原と雲竜渓谷 徐々に道の横に氷の壁が姿を現しました。
左側の人と比べると大きさがわかります。
   
2015年1月24〜25日 日光戦場ヶ原と雲竜渓谷 最後はみんなで氷漠の前で記念写真。氷漠の高さは20メートルはありましたね。

メンバーのみなさんおつかれさまでした。
   

極寒の硫黄岳に行ってきました(2015年1月10日〜11日)

   
2015年1月10日〜11日硫黄岳 10日赤岳鉱泉にテント張って、11日に硫黄岳に行ってきました。
稜線に出ると冷たい強風が吹き付けて辛かったです。
   
2015年1月10日〜11日硫黄岳 テントの中では、ファイントラック(finetrack)「ポリゴン2ULパンツ」を履いていました。
シート状の新素材ファインポリゴンが
2枚入ったインナータイプのパンツです。
濡れにくく、保温性、速乾性抜群で超軽量!

寒いテントの中でもぐっすり眠れました。
   

城ケ崎(2015年1月8日)

   
2015年1月8日 城ケ崎・シーサイド 今シーズン初の城ケ崎・シーサイドへ行ってきましたぁ〜
平日なのに人がたくさんいましたよ。
   
2015年1月8日 城ケ崎・シーサイド 天気はぽかぽか暑いくらい。
快適なクライミング日和。
   
2015年1月8日 城ケ崎・シーサイド この前買ったばかりのMAMMUTのスイスロープ。
インフィニティーと迷いましたが、
バンバン落ちる人はこちらのほうがおススメ。
これでRPの山を築くはずが…撃沈グダグダになってしまいましたw
   

白銀と大パノラマの入笠山に行ってきました(2014年12月28日)

   
2014年12月28日 入笠山 白銀と大パノラマの入笠山に行ってきました。
   
2014年12月28日 入笠山 お天気が良いと白銀の世界は、レフ版みたい。
サングラスがあると安心。
   
2014年12月28日 入笠山 八ヶ岳、中央・南・北アルプスと360°の大パノラマ!
   
2014年12月28日 入笠山 シャベルでテーブル作ってランチタイム。

スノーシューを持って行っても十分楽しめる積雪でした。
今年は12月早々から積もった雪が解けず、雪山らしい銀世界が楽しめますよ。
   

真っ青な空と白砂大地の日向山に登ってきました(2014年12月27日)

   
2014年12月27日 日向山 真っ青な空と白砂大地の日向山に登ってきました。
   
2014年12月27日 日向山 沢山の落ち葉を踏みしめ、トレッキング開始!
   
2014年12月27日 日向山 途中からは、落ち葉の下に凍結した路面が見え隠れ。
軽アイゼン無しでは恐ろしくて進めません。
こんな時は、6本爪が最適!
   
2014年12月27日 日向山 装着後は、これまでの不安定な歩き方から解放され、軽快な足運びに。
   
2014年12月27日 日向山 見た目には夏山と変わりませんが、山頂付近の砂地の下も凍結してます。
軽アイゼンは、いつでもザックに入れておくのが安心ですね。
   

Supported by 好日山荘 好日山荘

アウトドアクラブのYFクラブ アウトドアクラブのYFクラブ

クライミングジムNOSE クライミングジムNOSE

Facebook 
R&T MOUNTAIN PROSHOP

 

サイト内検索 Powered by Google